有料老人ホーム選びの注意点

有料老人ホーム選びの注意点

有料老人ホーム選びの注意点としては次のような点があげられます。
それぞれチェックしておきましょう。

 

  1. 介護保険の利用形態はどうなっているのか?
  2. ずっと住み続けることができるのか?
  3. 医療ケア体制は充実しているか?
  4. 入居費用はどのくらいかかるか?

 

 

ポイント1.介護保険の利用形態はどうなっているのか?

 

有料老人ホーム選びの注意点

介護保険を利用して介護を受けようとしている場合には、その施設ではどのような形で介護保険を利用できるのかということを確認しておく必要があります。

 

これは、施設によっては介護保険の一割負担以外の介護を提供し、それを負担する必要があることがあるためです。

 

 

<老人ホームで利用できる介護保険の形態>

施設介護サービス 介護保険施設に入所する場合、施設内で提供される介護サービスの費用のうち、9割が介護保険から給付されます。
特定施設入居者生活介護

都道府県や市町村から「特定施設入居者生活介護事業者」の指定を受けている有料老人ホームケアハウス高齢者専用賃貸住宅などの施設に入居する場合、介護保険の給付を受けて介護サービスを利用することができます。

なお、特定施設入居者生活介護には、施設内の職員がすべての介護サービスを提供する一般型と、施設が介護サービス計画の策定や安否確認を行い、入浴や排泄といった介護サービスの提供は外部のサービス提供事業者に委託する外部サービス利用型があります。

居宅介護サービス

上の指定を受けていない住宅型有料老人ホームケアハウスシルバーハウジング高齢者向け有料賃貸住宅といったところに入居する場合、施設内のスタッフから介護を受けると、その費用は全額自己負担になります。

ただ、一般の住宅に居住している時と同様に、外部の事業者と契約してヘルパーの派遣や、入浴や食事の提供といった介護施設でのサービス(デイサービス)を利用し、居宅介護サービス費として介護保険の給付を受けることは可能です。
この場合、個別にケアマネージャーに依頼をして介護サービス計画を立ててもらう必要があります。

認知症対応型共同生活介護 都道府県や市町村から「認知症対応型共同生活介護事業者」の指定を受けている認知症対応グループホームに入所する場合、施設内で提供される介護サービスの費用の内、9割が介護保険から給付されます。

 

 

ポイント2.ずっと住み続けることができるのか?

 

有料老人ホーム選びの注意点

老人ホームを探す場合、多くの人がそこを終の棲家としたいと考えておられると思います。しかし、施設によっては途中で退去を余儀なくされるところもあるので注意が必要です。

 

介護保険施設介護付きの有料老人ホームでも、認知症の症状が重くなって共同生活が困難になったり、常時医療ケアが必要になった場合に、安全面や職員体制、設備の問題から退去を求められるところもあるようです。

 

また、高齢者向け優良賃貸住宅シルバーハウジングといったところは、一般の住宅と同じなので、家賃の滞納などの問題がなければ居住し続けることができます。ただ、要介護度が重くなると、介護保険施設などへの入居を検討することになってしまいます。

 

入居の段階で、これらのことを考えるのは難しいかもしれませんが、その施設がどのような場合に退去を求める可能性があるのか、その場合の入居先については調べておく必要があります。

 

 

ポイント3.医療ケア体制は充実しているか?

 

有料老人ホーム選びの注意点

高齢になってくると、健康面での不安が大きくなってきます。特に、インスリン注射や人工肛門のケア、経管栄養、たんの吸引など、医療的ケアが必要な人にとっては、医療スタッフが常駐していいるか、連携医療機関があるかどうかといったことの確認は重要です。

 

なお、介護保険施設や特定施設の有料老人ホームなどの場合、看護師の配置が必要とされていますが、法律の基準どおりに人員を配置していても、365日、24時間体制で勤務しているということにはなりません。休日や夜間の医療体制はどのようになっているのかも調べておきましょう。

 

 

ポイント4.入居費用はどのくらいかかるか?

 

有料老人ホーム選びの注意点

入居先を探すに当って大きな条件となるのが、入居費用と施設の数でしょう。できるだけ費用を抑えたい場合は、特別養護老人ホームを利用したいところですが、常に満床に近く、緊急性が高くない場合にはすぐには入居できません。

 

一方、介護付き有料老人ホームは供給数も多く、比較的早く入居できますが、施設によっては数百万円〜数千万円の入居一時金や、月数十万円の利用料金が必要なところもあります。

 

シルバーハウジングなどの賃貸住宅は、居住に関する費用はそれほどかかりませんが、介護や医療が必要になった場合、その分の費用がかかるようになるので注意が必要です。

 

 

⇒老人ホームの探し方はこちらのページから
⇒老人ホームや介護施設の、検索や資料請求はこちらから

老人ホーム・介護施設の費用を調べて、素早く入居するには?

老人ホーム・介護施設の費用の相場は当サイトでもご紹介しておりますが、実際の費用は地域や、施設の種類・設備によって大きく異なります。

実際にどれくらいの費用がかかるのだろう、と疑問に思われている方はもちろん、どこにどのような施設があるのだろうと思われている方も、老人ホーム・介護施設の検索サイトで実際に探してみるのがかんたんです。

有料老人ホーム選びの注意点

老人ホーム、介護施設、高齢者向け賃貸の検索サイト「HOME'S介護」では、全国23,000件以上の有料老人ホーム・介護施設から、希望の地域の老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設等を検索できます。

ホームページにアクセスして条件を選ぶだけで、施設の一覧が表示されます。そこでは入居時の費用や月額費用も見ることができます。また、老人ホームの入居までには時間がかかるので、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

↓↓お近くの老人ホーム・介護施設を見つけて費用を調べる↓↓

(ご希望の都道府県名をクリックで検索結果が表示されます)



ホーム 有料老人ホームの費用 老人ホームの探し方 有料老人ホームの種類 入居までの流れ