有料老人ホームの費用【入居時にかかる費用、月額料金とその内訳】

有料老人ホームの入居時にかかる費用、月額料金とその内訳

 

有料老人ホームの費用【入居時にかかる費用、月額料金とその内訳】

有料老人ホームを選ぶにあたっては、費用料金も重要なポイントとなります。民間が経営する有料老人ホームの費用は、公的な施設と比べ高い傾向にあります。

 

しかし、特別養護老人ホームなどの公的な施設では入居待ちが100人を超えるようなことがめずらしくありません。また入居は予約順でないため、入居が困難という問題があります。

 

 

一方で、有料老人ホームは費用が比較的かかるものの、サービスや設備の充実度、また選択肢の多さと入居のしやすさといったところから、現実的な選択肢といえます。また、多様なホームが存在するため、費用の安い施設を探すことも可能です。

 

有料老人ホームの入居にかかる主な費用としては、
@入居時に一括して支払う費用と、A毎月かかる費用の二種類の費用が発生します。

 

 

入居時に支払う費用=500万円〜1000万円程度
入居申込金

部屋の予約の際に「保証金」「入会金」などとして要求されることがある。
不当に高い金額の場合には入居を再考しましょう。

入居一時金

・居室や共有部分の利用権を、原則として終身で取得するための費用です。
 家賃や生活サポート費を前払いしているようなものです。

 

・入居一時金は、0円から数億円と非常に幅広く設定されています。
 ※金額は、介護の質やホームの設備、体制によって異なります。

・相場 500万円〜1,000万円程度 (首都圏、介護付き有料老人ホーム)

 

⇒入居一時金の詳細はこちらのページへ

 

 

毎月支払う費用=毎月20万円程度
月額利用料

・内訳: 家賃、食費、共益費、光熱費、管理費

 

・各ホームのサービス内容や立地、施設によって金額が大きく異なります。
(家具の高級感、設備の充実度、食事の充実度などによって異なる)
 
・入居金、利用料の支払いプランによっても異なります
 ・入居一時金が多め⇒月々の負担が少なくなる傾向あり
 ・入居一時金が少なめ⇒月々の負担が増える傾向あり

・相場 20万円程度
 ※地域、施設などによっても異なります

 

⇒月額利用料の詳細はこちらのページへ

介護・医療関連費用

内訳
 ・介護保険の自己負担分(1割負担分)
 ・オムツなどの消耗品費
 ・規定回数以上の入浴など利用料外のサービス
 ・医療費、入院費

 

⇒介護・医療関連費用の詳細はこちらのページへ

個別のサービス料

内訳
 :老人ホーム内でのイベントやレクリエーションに参加する場合にかかる費用
  (介護保険の対象にならない費用)

 

⇒個別のサービス料の詳細はこちらのページへ

 

※入居時に支払う費用、毎月支払う費用ともに施設や地域によって差があるのでご注意ください!!

 

⇒老人ホームの探し方はこちらのページから

老人ホーム・介護施設の費用を調べて、素早く入居するには?

老人ホーム・介護施設の費用の相場は当サイトでもご紹介しておりますが、実際の費用は地域や、施設の種類・設備によって大きく異なります。

実際にどれくらいの費用がかかるのだろう、と疑問に思われている方はもちろん、どこにどのような施設があるのだろうと思われている方も、老人ホーム・介護施設の検索サイトで実際に探してみるのがかんたんです。

有料老人ホームの費用【入居時にかかる費用、月額料金とその内訳】

老人ホーム、介護施設、高齢者向け賃貸の検索サイト「HOME'S介護」では、全国23,000件以上の有料老人ホーム・介護施設から、希望の地域の老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設等を検索できます。

ホームページにアクセスして条件を選ぶだけで、施設の一覧が表示されます。そこでは入居時の費用や月額費用も見ることができます。また、老人ホームの入居までには時間がかかるので、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

↓↓お近くの老人ホーム・介護施設を見つけて費用を調べる↓↓

(ご希望の都道府県名をクリックで検索結果が表示されます)



ホーム 有料老人ホームの費用 老人ホームの探し方 有料老人ホームの種類 入居までの流れ