老人ホームの種類

老人ホームの種類

老人ホームとは、身体・精神上の障害や家庭環境、経済上の理由で居宅での生活が困難な高齢者を入所させ、世話をする施設の総称です。いわゆる「福祉施設」で、比較的少ない自己負担で利用することができます。老人ホームにも「特別養護老人ホーム」や、「経費老人ホーム」、「有料老人ホーム」など様々な種類があります。

 

<老人ホームの種類>

軽費老人ホーム
(公的な福祉施設)

入浴などの準備や、相談、援助、その他の日常生活において必要なサービスの提供を受けることのできる施設で、無料又は低額な料金で利用できます。

 

入居対象となるのは、60歳以上(夫婦であればどちらかが60歳以上)で、身の回りのことは自分でできるものの、心身の機能低下などによって自立した日常生活を営むことに不安があり、かつ家族の援助を受けることが困難な人とされています。

 

⇒軽費老人ホームの詳細はこちらのページへ
⇒軽費老人ホームの費用はこちらのページへ

養護老人ホーム
(公的な福祉施設)

原則として65歳以上で、家庭の事情や経済的事情などにより自宅での生活が困難な人を対象とした施設です。食事や入浴などの生活支援を受けることはできますが、身の回りのことは自分できることが必要とされています。

 

主に所得の低い人や虐待を受けている高齢者を救済するための施設のため、入居するには市町村の入居措置を受けなければなりません。

特別養護老人ホーム

 

 

⇒特別養護老人ホームの費用はこちらのページへ

有料老人ホーム

 

老人福祉法に定める届出を行った事業者が運営する施設です。独立型の居室を備え、大浴場や競技場などの共用施設を整備したり、レクリエーションの実施や、入浴や排泄などの介助、家事援助や食事の提供などを行うところもあります。

 

入居対象者は施設によって異なりますが、おおむね60歳か65歳以上の高齢者で、入居一時金などの準備が必要になることが多いです。居住の権利形態としては、「利用権方式」「建物賃貸借方式」「終身建物賃貸借方式」などがあります。

 

また、サービス提供の形態としては、「介護付き」「住宅型」「健康型」やこれらの「混合型」などがあります。

 

⇒有料老人ホームの相場はこちらのページ
⇒介護付き有料老人ホームの費用はこちらのページ

老人ホーム・介護施設の費用を調べて、素早く入居するには?

老人ホーム・介護施設の費用の相場は当サイトでもご紹介しておりますが、実際の費用は地域や、施設の種類・設備によって大きく異なります。

実際にどれくらいの費用がかかるのだろう、と疑問に思われている方はもちろん、どこにどのような施設があるのだろうと思われている方も、老人ホーム・介護施設の検索サイトで実際に探してみるのがかんたんです。

老人ホームの種類

老人ホーム、介護施設、高齢者向け賃貸の検索サイト「HOME'S介護」では、全国23,000件以上の有料老人ホーム・介護施設から、希望の地域の老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設等を検索できます。

ホームページにアクセスして条件を選ぶだけで、施設の一覧が表示されます。そこでは入居時の費用や月額費用も見ることができます。また、老人ホームの入居までには時間がかかるので、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

↓↓お近くの老人ホーム・介護施設を見つけて費用を調べる↓↓

(ご希望の都道府県名をクリックで検索結果が表示されます)


老人ホームの種類関連ページ

高齢者向け住居の種類

ホーム 有料老人ホームの費用 老人ホームの探し方 有料老人ホームの種類 入居までの流れ