グループホームとは?

グループホームとは?

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)のしくみ

項目 説明
特徴 認知症の高齢者が施設の介護スタッフとともに共同生活する介護サービス
入居対象者

共同生活を送る上で支障のない認知症の高齢者。
要介護認定で要介護1以上の人を対象

人数 5〜9人
費用 介護サービス利用料の自己負担分は一割。利用料のほかに家賃、食料材料費、光熱費、敷金などが必要。
施設

原則として個室。
施設職員の介護サービス計画に基づいて食事や入浴などのサービスが提供される。

 

グループホームとはどのようなものか?

高齢者の方に起こりうる心身の衰えの中で、対応が難しいものの一つが認知症です。本人はもちろんのこと、介護を努める家族への負担も非常に大きく、苛立ちを感じ、どんどん疲れていってしまいます。

 

このような場合に利用できるのが、グループホームです。介護保険上、「認知症対応型共同生活介護」として扱われるこのホームは、5〜9人程度の少人数の認知症の高齢者が、職員の助けを借りながら共同生活をおくる場所です。

 

一人一人に個室が用意されている他、共用のリビングや浴室、トイレがあり、職員の助けを借りながら、調理や掃除、後片付けといった役割をこなします。散歩や買い物に出かけたり、時にはバス旅行を企画したりして、日常生活を楽しく穏やかに暮らせるよう、支援してくれます。

 

介護保険を利用できるため、自己負担の月額はそれほど高くありません。介護度にもよりますが、食事代コミでも10〜20万円程度です。入居一時金が必要なホームもありますが、金額は数十万円程度というところが多いようです。

 

グループホームには認知症をわずらっている65歳以上の高齢者のうち、概ね要介護度が1以上の人が入居することができます。ただし、ほかの入居者と協力して生活することになりますから、暴力行為が激しいなど共同生活に適さない症状を示す場合は入居することができません。

 

また、中には寝たきりなど重度の介護が必要になった場合には、退去を求めるところもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

老人ホーム・介護施設の費用を調べて、素早く入居するには?

老人ホーム・介護施設の費用の相場は当サイトでもご紹介しておりますが、実際の費用は地域や、施設の種類・設備によって大きく異なります。

実際にどれくらいの費用がかかるのだろう、と疑問に思われている方はもちろん、どこにどのような施設があるのだろうと思われている方も、老人ホーム・介護施設の検索サイトで実際に探してみるのがかんたんです。

グループホームとは?

老人ホーム、介護施設、高齢者向け賃貸の検索サイト「HOME'S介護」では、全国23,000件以上の有料老人ホーム・介護施設から、希望の地域の老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設等を検索できます。

ホームページにアクセスして条件を選ぶだけで、施設の一覧が表示されます。そこでは入居時の費用や月額費用も見ることができます。また、老人ホームの入居までには時間がかかるので、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

↓↓お近くの老人ホーム・介護施設を見つけて費用を調べる↓↓

(ご希望の都道府県名をクリックで検索結果が表示されます)



ホーム 有料老人ホームの費用 老人ホームの探し方 有料老人ホームの種類 入居までの流れ