老人ホーム・介護施設の費用、選び方から入居まで

高齢者専用賃貸住宅とは?

高齢者専用賃貸住宅とは?

高齢者専用賃貸住宅とは、高齢者に限定して賃貸している民間住宅のことです。物件によって提供される設備やサービスが異なります。

 

一般の賃貸住宅の中には、家賃滞納や孤独死などの問題から、高齢者との契約を敬遠するところがあります。このため、高齢者であることを理由に入居を拒否することのない賃貸住宅を登録し、情報を公開するという制度を採っています。これを「高齢者円滑入居賃貸住宅登録制度」といいます。

 

「高齢者専用住宅(高専賃)」は、「高齢者円滑入居賃貸住宅」からさらに一歩進んで、高齢者に限定して賃貸している民間住宅をいいます。高専賃は都道府県に登録されており、家賃や設備などの情報が公開されていますので、他の施設などと比較しやすくなっています。

 

高専賃の場合、事業主が定める「高齢者」の条件に合致すれば契約できますので、入居は簡単です。ただ、バリアフリーの整備といった登録の要件はありませんので、物件によって提供されるサービスはまちまちですので注意が必要です。

老人ホーム・介護施設の費用を調べて、素早く入居するには?

老人ホーム・介護施設の費用の相場は当サイトでもご紹介しておりますが、実際の費用は地域や、施設の種類・設備によって大きく異なります。

実際にどれくらいの費用がかかるのだろう、と疑問に思われている方はもちろん、どこにどのような施設があるのだろうと思われている方も、老人ホーム・介護施設の検索サイトで実際に探してみるのがかんたんです。

高齢者専用賃貸住宅とは?

老人ホーム、介護施設、高齢者向け賃貸の検索サイト「HOME'S介護」では、全国23,000件以上の有料老人ホーム・介護施設から、希望の地域の老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設等を検索できます。

ホームページにアクセスして条件を選ぶだけで、施設の一覧が表示されます。そこでは入居時の費用や月額費用も見ることができます。また、老人ホームの入居までには時間がかかるので、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

↓↓お近くの老人ホーム・介護施設を見つけて費用を調べる↓↓

(ご希望の都道府県名をクリックで検索結果が表示されます)



ホーム 有料老人ホームの費用 老人ホームの探し方 有料老人ホームの種類 入居までの流れ