有料老人ホームの費用【その他の実費の内訳と相場】

老人ホームの費用 その他の実費について

 

有料老人ホームの費用【その他の実費の内訳と相場】

実費請求の中で最も金額が大きくなるのは介護用品であるといわれています。老人ホームにおける介護用品費用の代表例はおむつ代です。使用した分だけ請求される場合と、セットで請求する場合があるそうで、1ヶ月に1〜2万円が相場のようです。

 

また、オムツ代の次に費用が大きくなるのが日用品費であるといわれています。日用品費とは、タオル、石鹸、歯ブラシ、ティッシュなどです。

 

その他にはレクリエーション費など個々の事情によって必要になる費用があります。例えば老人ホームで、いけばなやカラオケなどのクラブに入会する場合、入会費や参加費が必要になりますし、通院や買い物の付き添いを頼む場合はその費用がかかります。そのほかにも、掃除の回数を増やしたい、食事に一品増やしてほしいなどの希望がある場合には、その費用も自己負担になります。

 

入院してホームを不在にしている間にもホームの管理費は請求されます。老人ホーム入居中に入院してしまうと、入院費用とホーム利用料の両方を支払うことになります。

 

 

<請求される実費の例>

オムツ代 必要な方は必要に応じて費用が発生。月に1〜2万円が相場。
日用品費 タオル、石鹸、歯ブラシなど。ホーム内で購入した場合に必要。
クリーニング費 利用した場合に必要。
理美容費 メイクや、理髪など利用した場合に必要。
レクリエーション費 定額の月額利用料に含まれないものを利用した場合に必要。

 

 

※オムツ代、日用品費について
こういった消耗品は、ホームのものを使うよりも、自分で持ち込んだ方が費用を安く抑えることができます。ホームによっては持ち込み可能なものと、可能でないものなど詳細な規定が設けられているところもあるようなので、事前に確認するようにしましょう。

 

※消費税について
家賃相当額のみ非課税、食費のみを非課税などにするホームもあれば、すべて課税にするホームもあります。将来的には7%、10%と増税されていくことが予測されますので、消費税込みの費用なのかどうかも確認しておく必要があります。ホーム側からもらう重要事項説明書をご確認下さい。

 

⇒老人ホームの探し方はこちらのページから

老人ホーム・介護施設の費用を調べて、素早く入居するには?

老人ホーム・介護施設の費用の相場は当サイトでもご紹介しておりますが、実際の費用は地域や、施設の種類・設備によって大きく異なります。

実際にどれくらいの費用がかかるのだろう、と疑問に思われている方はもちろん、どこにどのような施設があるのだろうと思われている方も、老人ホーム・介護施設の検索サイトで実際に探してみるのがかんたんです。

有料老人ホームの費用【その他の実費の内訳と相場】

老人ホーム、介護施設、高齢者向け賃貸の検索サイト「HOME'S介護」では、全国23,000件以上の有料老人ホーム・介護施設から、希望の地域の老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設等を検索できます。

ホームページにアクセスして条件を選ぶだけで、施設の一覧が表示されます。そこでは入居時の費用や月額費用も見ることができます。また、老人ホームの入居までには時間がかかるので、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

↓↓お近くの老人ホーム・介護施設を見つけて費用を調べる↓↓

(ご希望の都道府県名をクリックで検索結果が表示されます)



ホーム 有料老人ホームの費用 老人ホームの探し方 有料老人ホームの種類 入居までの流れ